バルカンダンスリラの備忘録 

ちょー恥ずかしい信じられない物語

その物語は11月5日(土)の夜に自宅で起こりました。
この日はいちかめ会に踊りに行き、さんざん踊った後でとどめにスクワットの入る男性の踊りを踊りました。そして、何事もなく家に帰り風呂に入り食事をしリラックスして座椅子に足を延ばして座っていました。ここまでは全くなんともありませんでした。
すると、家の固定電話が鳴ったので急いで素早く立ち上がろうとした時にその物語の幕が開いたのです。
急いで立ち上がろうとしたからか左足の内もも肉に激痛が走り、なんと攣ってしまったのです。その痛さは尋常ではなくなんとかテーブルに座りました。痛みが続き足を延ばしましたが、その後痛みで曲げたり動かすこともできずそのまま動けませんでした。ちなみに電話は3〜4回鳴ったら止まっていました。(間違い電話か?チクショー)
その後、痛みが治まってきたら今度はなんと右足にも痛みだす兆しが・・「攣るなよ〜」との祈りもむなしく右足の内もも肉を攣ってしまいました。左足は完全に治り右足の痛みに耐えて良くなりかけたころ、今度はまた左足の正面のもも肉を攣ってしまいました。なんとか左右治まったのですが、またまた左足のもも肉の今度は外側がピクピク痙攣しだし、「まさか外側は攣らないだろう」と思ったら思い切り攣ってしまいました。やっと痛みが治まってきたので、「もう大丈夫だろう」と思い座る位置をずらそうと思って動いた瞬間また右足の内もも肉を攣ってしまいました。ここで嫁ちゃんが某サイゼリアから帰還してきたので急いでシップを張ってもらいました。
ここまでで、左足3回、右足2回攣りました。あ〜、恥ずかしい物語でした。子供たちには笑われるし・・・
これで終幕だと思うでしょ?ところがどっこい、寝室に行ってから布団に入り座って壁に寄りかかってお馬の研究をしていたら、リラックスして足を延ばしていたにもかかわらず、おもいッキリ右足の内もも肉を攣ってしまいました。しばらく痛みに耐えて治まったので「これで終わりだろう。ざまあみろ」と思ったのですが、その考えがいけなかったのか今度は左足が痙攣しだし、またまたまた左足の内もも肉を攣ってしまいました。結局、一晩で左足4回、右足3回と合計で7回攣ってからこの物語は終幕となりました。
一晩でこんなに足を攣ったのはもちろん初めてのことで、痙攣を感じたのも初めてのことでした。とにかく内もも肉が攣るとものすごく痛いです。皆さんもぜひ一度は経験してみてください。後日、いちかめ会でいっしょに踊った方に聞いたのですが「足攣らなかった」ということでした。尊敬しちゃうぜぇ、OSMさん!
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する