FC2ブログ
 

バルカンダンスリラの備忘録 

趣味は大切

私は、会社の製造部に仲の良い人がいました。その人は山形出身で、高校を卒業して東京に出てきて40数年経つのに山形訛りが全く抜けない人でした。
ある時、正月の話をしていて「おすすつまんでたらおすすがきた」と訳のわからないことを言い出しました。よくよく聞いてみると’お寿司をつまんでいたらお獅子(獅子舞)が来た’ということだったんです。そうです、「し」の発音が「す」になってしまうんです。こんな感じで素朴で面白い人でしたが、会社を退職する時には「あ~、これで清々する」と言って喜んでいました。ところが、無趣味のため、退職後、だんだん寂しくなってしまったみたいで酒に溺れていったようです。
それから、そのすぐ後にもう一人総務部の人が退職しましたが、この人も無趣味でいかにも仕事一筋という人でした。やはり退職後酒に溺れ、寂しいのか会社にTELしてきては、なんだかんだ愚痴めいたことを話したりするので、しまいにみんな居留守を使いTELに出なくなりました。酒飲んでろれつがまわらない時もありましたからね。そして、この二人はさらに酒に溺れ退職後2~3年でお隠れになりました。(合掌?)
というわけで、何を言いたいのかというと我々のように「踊り」という趣味を持ったことがいかにありがたいかということです。もちろん、他に様々な趣味がありますけどね。
昔、知り合いの看護師さんが「仕事1本の人は退職してからうつになる」って言ってたのを思い出しますね。仕事1本の人は退職後、人と接する機会が極端に減るからかもしれないですね。そういう意味では、我々には少なくとも「踊り」という趣味があるし(バリバリ踊っている人に「趣味」なんて言ったら怒られるかしらン?)、仲間もいるからありがたいことだと思います。もちろん、「踊り」を続けるのは健康で、ある程度体力に自信があってのことだけど、健康であれば体力と相談しながら長く続けられると思うしね。
さて、今年も残り少なくなってきましたが、この1年みなさん、悔いのないように踊れたでしょうか?あとひと踏ん張り頑張って踊りましょう。
それでは、すばらしい「趣味」とすばらしい「仲間たち」に乾杯!
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する